さよなら。そしてこんにちは。

LINEで送る

いきなりな意味深題名で申し訳ないのですが
使われなくなって見直される事ってありますよね。
ここ何年かで、和歌山ではいろんな場所で自動車道が開通しました。
京奈和道が最近では記憶に新しいですが
紀勢自動車道(無料区間)南紀白浜インターチェンジ(IC)―すさみ南IC間も数年前に
開通され、混んでる白浜を通る事なく通過出来
随分と便利になりました。
数日前、偶然ですが下記旧42号線を通る機会がありその時感じた
それまでの記憶が書き換わる
不思議な感覚をお伝え出来ればと思います。

ご紹介するのは
日置川からすさみ南間のおよそ20キロ程度の海岸沿いの道路ですが
それまでは、ここ以外に串本方面に抜ける道がなかったので
ある意味通り慣れた何てこと無い道路です。

有料道を避けて通行して来た商用車やマイカーも
大抵、南紀田辺から無料区間となるため、白浜から先の42号は
その土地に用事のある人以外
ほぼ、通ることが無くなった結果

素晴らしいドライビングコースに生まれ変わりました。
道路自体は何も変わってませんが、、
この区間、アップダウンも激しく、コーナーもキツイので
トラックが前に走ってると苦行以外の何者でも無かったのですが
その、トラックやパイロンのように立ちふさがる乗用車が居なくなった途端。
クルマを運転する事に喜びを見出す我々のような存在にとって
まさに、エンジェルロードと呼ぶに相応しい
至極のロードとなっていました。

偶然通った時感じた
ハレルヤ~的感覚を皆さんも是非味わってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*