クラシックミニ オイルドレンボルト

LINEで送る

クラシックミニのオイルドレンボルトのミッションケース側のネジ山が舐めてしまったので左側のドレンボルトに交換されていました。ミッションケースは鋳物アルミ製なのでこのボルトの様にネジ山が浅いと、また舐めてしまうの時間の問題です。今回ミッションオーバーホール時にリコイルと呼ばれるステンレス製のネジ山を入れました。これでシッカリ締められます。

ttaではネジ山が痛まないように銅製のドレンワッシャーでなくノンアスベストのドレンワッシャーを使用し長く乗り続けていく一工夫しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)